[2010年08月]

Welcome to Japan!

twitter-a%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
hkatsukawa


untitled.jpg


そう!
先日、渋谷駅でホテルが見つけられないイタリア人カップルを発見。
つたない英語で道案内をしました。
H?の生活する渋谷近辺ではこういった外国人観光客の方々は非常に多いのです。

H?出来るだけ迷ってる外国人観光客には声をかけるようにしていて、Welcome to japan と笑顔で言うようにしています。
わざわざ東京に観光に来てくれているのが嬉しいと思っています。

そして、H?が英国滞在中やその間に行ったベルギー、アイルランド、またPITTIで訪れるイタリアなど、どの国でも親切にしてくれたその国の思い出を忘れていません。
だから、わざわざ日本を選んで旅行に来てくれた外国人旅行者には、絶対に日本で楽しい思い出を作ってほしいなと思っているのです。

皆さんも!
ぜひこのWELCOME TO JAPAN 運動!にご参加ください!

お知らせ
●●●伊勢丹メンズ館H?オーダー会のお知らせ●●●

8月21日(土)、22(日曜日)に新宿伊勢丹メンズ館地下一階にて、伊勢丹限定デッキソールシューズの展開開始と合わせてプリントレザーのオーダー会を開催いたします。この二日間はH?もお買い場におりますので、ぜひ!お越しください!
心よりお待ち致しております。

H?

●●●修理スタッフ募集のお知らせ●●●

logo22.jpg


現在H?Katsukawa From Tokyoでは、事務所移転を計画中です。
それに伴い、リペア等のアフターサービスの出来る施設の設置を計画中です。

その第一の意義は、H?の代表作ニベやプリントレザーをご愛用頂いている方のそれらシューズのクリエイション保全・補修を行いたいというのが大きな目的です。

そこで、修理店舗スタッフを募集します。

職種:靴のリペア業務
仕事内容:事務所兼店舗での靴修理業務
給与:応相談
休日:シフト(応相談)
勤務地:東京・目黒区


資格:●靴修理経験者の方
   ●H?Katsukawa From Tokyoのクリエイションに共鳴していただいている方
    ●男女不問
    ●H?と共に考え、共に理想を具現化する意欲のある方
    ●明るく、笑顔のある方

ご興味がおありでしたら、ぜひお気軽に下記までご連絡ください。
追ってご連絡させて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
靴の明るい未来へ共に向かって行きましょう~!!(話がデカイ。。。)

info@hkatsukawafromtokyo.net
また、その際には下記をご記入下さい。

〇お名前
〇年齢
〇性別
〇ご住所
〇職歴
〇志望動機
〇ご質問等
   
H?Katsukawa From Tokyo
代表 勝川永一

H?シューケアバック!

CA391676.JPG

さてさて!
お盆を皆さまはいかがお過ごしですか?
H?は、お盆中はすこ~しテンポを落としながら、仕事に勤しんでおります!
楽しみは来週の神宮花火大会です!


そんな中、H?のシューケアセットが発売されそうです!!
某有名シューケアブランドとのコラボで、某百貨店リニューアル記念として、デザインしています!!
某某ばかりですみません。。
全容は9月になればお教えできますので少々お待ち下さい。


CA391677.JPG

デザインは、H?の好きなミリタリー物からインスパイアされています。
具体的には、スエーデン軍のシューケアバックを使いやすくモディファイし、表にイタリアンオイルレザーを使用し、裏に本馬革を使用した、豪華!な作りとなっております!!

H?が次シーズンから展開予定のシューズからのライフスタイルブランドのブランド名で展開したいと思っています。
同じブランド名のお店が出来たら。。。なんて!夢見ちゃっています!!
お楽しみにしていてください!

もちろん、ハイクリエイションのH?Katsukawa From Tokyoでは自作もかなりやっちゃっています!それをもって、またPITTIに出展も予定しています。

あ!
そしてそして!
18日から新宿伊勢丹メンズ館地下一階紳士靴フロア・デザイナーズにて、H?パターンオーダーをご予約いたします!!
21日土曜日、22日日曜日はH?もフロアにおりますので、ぜひお立ち寄りください!!

とりあえず、来週の神宮花火大会を楽しみに頑張っています~!

お知らせ
●●●伊勢丹メンズ館H?オーダー会のお知らせ●●●

8月21日(土)、22(日曜日)に新宿伊勢丹メンズ館地下一階にて、伊勢丹限定デッキソールシューズの展開開始と合わせてプリントレザーのオーダー会を開催いたします。この二日間はH?もお買い場におりますので、ぜひ!お越しください!
心よりお待ち致しております。

H?

●●●修理スタッフ募集のお知らせ●●●

logo22.jpg


現在H?Katsukawa From Tokyoでは、事務所移転を計画中です。
それに伴い、リペア等のアフターサービスの出来る施設の設置を計画中です。

その第一の意義は、H?の代表作ニベやプリントレザーをご愛用頂いている方のそれらシューズのクリエイション保全・補修を行いたいというのが大きな目的です。

そこで、修理店舗スタッフを募集します。

職種:靴のリペア業務
仕事内容:事務所兼店舗での靴修理業務
給与:応相談
休日:シフト(応相談)
勤務地:東京・目黒区


資格:●靴修理経験者の方
   ●H?Katsukawa From Tokyoのクリエイションに共鳴していただいている方
    ●男女不問
    ●H?と共に考え、共に理想を具現化する意欲のある方
    ●明るく、笑顔のある方

ご興味がおありでしたら、ぜひお気軽に下記までご連絡ください。
追ってご連絡させて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
靴の明るい未来へ共に向かって行きましょう~!!(話がデカイ。。。)

info@hkatsukawafromtokyo.net
また、その際には下記をご記入下さい。

〇お名前
〇年齢
〇性別
〇ご住所
〇職歴
〇志望動機
〇ご質問等
   
H?Katsukawa From Tokyo
代表 勝川永一


スティービーワンダー!

twitter-a%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg
hkatsukawa


CA391639.JPG

先日の!サマーソニック!
行ってきました!
スティービーを聴きに!

一日フェスれるほど余裕もなく、夕方5時過ぎに会場に到着後、スティービーだけを聴くという贅沢なフェス体験でしたが、お目当ての生スティービーは最高でした。
16歳から好きで聞き続けた楽曲が、次々と演奏され、体が勝手に動いてしまいました。


CA391644001.JPG

↑とっても解かりずらいのですがスティービーです。

本当に好きな音楽を聴くことは、生活が潤いを与えてくれたようです!

さ!
また、今日から頑張ります!
2010 summer sonic STEVIE WONDER_3
http://youtu.be/hhpzsl_0Oww

早速YOUTUBEにアップされていました!
(貼っていいのでしょうか?問題あればご連絡ください。。。)
ぜひ皆さんも、スティービーをご鑑賞ください!!!


お知らせ
●●●伊勢丹メンズ館H?オーダー会のお知らせ●●●

8月21日(土)、22(日曜日)に新宿伊勢丹メンズ館地下一階にて、伊勢丹限定デッキソールシューズの展開開始と合わせてプリントレザーのオーダー会を開催いたします。この二日間はH?もお買い場におりますので、ぜひ!お越しください!
心よりお待ち致しております。

H?

●●●修理スタッフ募集のお知らせ●●●

logo22.jpg


現在H?Katsukawa From Tokyoでは、事務所移転を計画中です。
それに伴い、リペア等のアフターサービスの出来る施設の設置を計画中です。

その第一の意義は、H?の代表作ニベやプリントレザーをご愛用頂いている方のそれらシューズのクリエイション保全・補修を行いたいというのが大きな目的です。

そこで、修理店舗スタッフを募集します。

職種:靴のリペア業務
仕事内容:事務所兼店舗での靴修理業務
給与:応相談
休日:シフト(応相談)
勤務地:東京・目黒区


資格:●靴修理経験者の方
   ●H?Katsukawa From Tokyoのクリエイションに共鳴していただいている方
    ●男女不問
    ●H?と共に考え、共に理想を具現化する意欲のある方
    ●明るく、笑顔のある方

ご興味がおありでしたら、ぜひお気軽に下記までご連絡ください。
追ってご連絡させて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
靴の明るい未来へ共に向かって行きましょう~!!(話がデカイ。。。)

info@hkatsukawafromtokyo.net
また、その際には下記をご記入下さい。

〇お名前
〇年齢
〇性別
〇ご住所
〇職歴
〇志望動機
〇ご質問等
   
H?Katsukawa From Tokyo
代表 勝川永一


文化服装学院シューズデザイン科!

CA391623001.JPG

先日、ひょろっと文化服装学院に寄らせて頂き、とってもご無沙汰してしまった、宮原先生と田中先生にお会いすることが出来ました。

宮原先生は、某大手靴メーカーのパターンナーとして活躍された方です。

また文化服装学院は著名なデザイナーを輩出する歴史ある学校です。

その中に、ファッション工芸専門課程シューズデザイン科というコースがあり、靴づくりを学んだ学生さんたちが毎年輩出されています。

専門学校なので、通常であれば18歳で入学するわけです。
18歳で少なくとも自分の方向性を決断するってすごいなと、いつも思います。
H?の場合20代最後の方でイギリスの靴学校に留学したわけですから。

H?が卒業した学校は、ノーザンプトンの職業訓練校で主に製作技術を教える学校でした。
なぜ、H?がその学校を選んだかというと、靴のデザインといっても多面的な要素があります。
ファッションデザイン、プロダクトデザイン、古典デザイン、製靴技術。

どこに重点を置き、また複合的に形にするか。

H?は、幼少のころから好きで身に着けていた東京の古着屋やセレクトショップで学んだファッションと製品を自分なりに形にしたいという事がモチベーションだったので、技術を深く知り学ぶことが必要でした。ですから、メーカーに就職し、ノーザンプトンで学んだわけです。

今でも上記の要素を毎日考えています。

頑張ろう~!!

結局、そこです!